いぼには沢山の種類がある【治療前に特徴をcheck】

いぼとは何か

カウンセリング

いぼのの特性と治療法

いぼにはウイルス性のものが多く、最初は何となく足の裏や手足の指に出来ていたものを削って綺麗になるとそれでおしまいと思っていたら、ただ削っていただけでかえって数を増やして悪化していたという経験に繋がってしまいます。これがウイルス性いぼの特徴です。ウイルス性であれば一番効き目があるのは液体窒素による治療法です。病変部をマイナス196度で冷却し、完全に取り除いてしまいます。液体窒素治療法はかなり効果がありますが色素沈着の副作用に注意する必要性があります。液体窒素治療法によるメリットは、原因が完全に特定されていなくても液体窒素で多数焼却処理をしてみて効果があればそれ以上の治療必要性がないという事です。一般皮膚科でも美容皮膚科でも技術的に治療可能です。治療後のケアも特に必要ないという特徴があります。液体窒素治療法のデメリットとしてはしみが残りやすいという事です。治療が終わってもいつになったらしみが消えるのかが不安です。電気メスによる保険診療も可能なのです。電気メスでの治療はイメージがしにくいですが、バーナーで焼却し切ってしまうというイメージが適切です。液体窒素と違い一回で治療が終了しますが軟膏を塗る、テープを貼る等の処置が事後必要になります。炭酸ガスレーザーによる治療はよりピンポイントです。ただし保険適用外となってしまいます。それでも、かなり小さないぼを消去な可能です。血管腫と呼ばれるもののみが対象ですが、保険適用外となります。気になるのは原因もさることながら治療費用です。血管腫治療だとワンショットと呼ばれる一処理2千円ぐらいです。いぼに多い首いぼについてはレーザー治療は保険適用外です。このようにいぼ治療には診断や治療法、費用や予後について様々なケースが考えられます。実はいぼではなかったという事という事もありますので医師の確定診断と治療方針の指針が必要です。皮膚の病変は保険診療内ですが病変の度合いを決めているのは保険制度です。その際に悩む患者さんも多いと思いますが、一般皮膚科では美容皮膚科への紹介システムが確立されています。一般皮膚科で出来る治療の見積りと美容皮膚科で様々に示される治療法とその結果への見積りをよく比較検討してみる価値は充分にあります。美容皮膚科は確かに医師が経営している医療機関ですが、皮膚に悩む患者さんの力になりたいと考えているパートナーです。いぼは多くの患者さんが訴えて深刻に悩む症状です。きちんと相談した上で対処方法と費用相談に乗ってくれるクリニックが多くあります。

Back to Top