いぼには沢山の種類がある【治療前に特徴をcheck】

いぼの除去は美容整形

鏡を見る人

どんな治療を受けるべきか

いぼができる原因はあまり知られていませんが、実はウィルスが原因です。ヒトパピローマウィルスと呼ばれ、人間の傷口等から侵入して感染します。皮膚の中に侵入するといぼとなって現れます。ウィルスの種類は多く、100種類以上ありますが、大半は良性であり自然治癒していくのが多いです。しかしいぼは治ったと思っても再発する事が多いです。再発する要因は、親玉と子のいぼが存在する事にあります。この治癒してから再発するのは、親玉が残っているからです。基本的に親玉を撃退する事で、増殖や再発は防がれ完治します。だからといって、素人が何とかしようとしてはいけません。親玉を判別できませんし、ウィルス感染なのでまき散らしてしまう危険性が高いです。感染経路ですが、実は現在も不明です。ウィルスは非常に多く、人間の体内にも存在しています。その為、感染経路を厳密に調べて特定する事は困難です。一般的には温泉やプール等から感染すると言われていますが、免疫の下がっている時に体内のヒトパピローマウィルスにより発生するとも言われています。いぼができた際は早期に医療機関に受診する事が、早期治癒に繋がります。いぼを除去するには基本的にレーザーや液体窒素で除去もしくはウィルスを死滅させます。除去した跡を残さずにキレイにしたい場合は、美容整形外科が良いと言われています。その理由は、美容整形外科は肌の悩みを改善する事を主目的にした医療機関だからです。傷が残らない様に・目立たない様に自分に合った治療方法を提案してくれます。いぼにも種類があり、それにより治療方法が異なる場合があります。最初に美容整形外科に受診する際、検査を行い現状の説明を受けます。その後治療方法を提案してくれて、日時の調整を行います。方法は上記の2種類の方法が主流であり、液体窒素は低温やけどによりいぼを焼切る方法です。一度で済む事もありますが、数回行う必要がある場合もあります。低温やけどしたら変色していき、数日後に自然ととれます。その間は青黒く変色しているので目立つ場所の治療ではレーザーが主流です。それ以外でもレーザーを用いる事の方が多くなってきており、その理由は傷跡の治りも良く完治が早く、一度で除去できるからです。痛みもなく時間も短くて済みます。どちらの方法も、美容整形外科では無料カウンセリングで納得いくまで相談する事ができます。この無料カウンセリングは何度でもできます。皮膚科等と違いWEBでも診察予約がとれるので、忙しい中でも調整しやすい事も、美容整形外科が選択されている理由と言えます。

Back to Top