いぼには沢山の種類がある【治療前に特徴をcheck】

いぼ治療に必要な情報

医師

美容整形外科選びはとても大切

敏感肌の女性などは、ハイネックの服装やアクセサリーなどを身につける際に首周りに摩擦が生じやすくなることでいぼが出来たり、老化や紫外線を浴びて皮膚が酸化することにより肌の老化が進行することで老化性のいぼがたくさんできるなど、いぼが出来る原因は人によって異なります。自分で治療を行うと跡が残ってしまったり再発を起こしてしまう危険があるため、必ず皮膚科や美容整形外科などの医療機関にかかり、医師の適切な治療を受けて対処を行うことがきれいな素肌を手に入れるためにもとても重要になってきます。いぼの治療には液体窒素を利用して行う冷凍凝固法と、レーザー治療を受ける方法、内服薬や塗り薬で治療を行う方法に分けられますが、大半の方は保険診療内で行える液体窒素を利用した治療方法を利用します。保険診療で行えるので費用を抑えることが出来る点が最大の魅力ですが、液体窒素は肌細胞を壊死させて除去する方法なので、施術を行ってからかさぶたになって綺麗に剥がれるまで約二週間ほど時間がかかってしまうため、綺麗になるまで時間がかかることや自分で無理に剥がそうとしてしまうと色素沈着による跡が残りやすくなってしまいます。またいぼのサイズによっては液体窒素による治療よりも、メスを利用して切除を行うか医療レーザーを利用する方が肌への負担が少ないため短期間でケアを完了させたい場合や、肌への負担を減らしてケアを行いたい方は美容整形外科に相談を行うことをおすすめします。美容整形外科では最新鋭の炭酸ガスレーザーを利用して丁寧にいぼの根本から皮膚を削って処理をしていくので、皮膚内部まで傷をつける心配がなく施術後の腫れや痛みが起こりにくいメリットがあります。またレーザーによる治療は短時間で複数の処理を行えるので、首やデコルテに細かなポツポツが出来て気になっている方も一気に治療を受けることが出来ることから利用者が増えています。ただ美容整形外科で受けるレーザー治療は、保険診療外の自費となるためいぼの数に合わせて費用がかかり高額になる場合も少なくありません。また肌への負担が少ないですが、治療実績が少ない医師が施術を行うと施術の仕上がりや、肌トラブルが起こる危険もあるので事前に美容整形外科の情報を美容情報サイトなどを参考にしてチェックし、クリニックで受けられる治療内容や費用、医師の対応などを口コミを通じて調べておくと自分にぴったりのクリニックを見つけることが出来ますし、安心して治療を受けることが可能です。

Back to Top